キーボード交換

キーボード交換 、大変なんです。特にMacBook Airは。

Shiftキーが押されっぱなしになっているとのことで、お持ち込み。

診断の結果、新しいキーボードだと正常に動作することがわかり、交換することになりました。

まずは裏蓋を開けてバッテリーやロジクッボード、その他のパーツを外します。

MacBook Air バックライトシート

そうすると、このシート状のものが出てくるのですが、これはキーボードのバックライトです。

こちらをそーっと端から剥がしていくと、いよいよキーボード裏面とご対面。

キーボード交換

バックライトシートを剥がすとキーボードの裏側が見えます。

ここまできたらあとはキーボード一式を剥がすだけです。

実はMacBook Airのキーボード、溶接でトップケースに固定されています。
(MacBook Proなどはネジで固定されています)

どうやって剥がすかって?

そりゃあ力技ですよ、力技ww

力でバリバリっと剥がしていきます。

結構な力が必要ですので、女性じゃ難しいかも。

キーボード交換

トップケースにポツポツ見えているのが溶接跡です。

溶接跡は凹凸あります。各溶接跡がどちらになるかは運次第?

新しいキーボードを付ける際は、凹んだ溶接跡にネジで止めていきます。

ちなみに、剥がしたキーボードはグニャグニャに変形するので再利用はできません。

なお、この作業は、一般の方がやるのはやめといた方がいいと思います。

1台パーにしてもいいのでしたら、トライしてもいいと思いますけど。

ちなみに、このキーボード交換の料金は、2017年10月現在は21,600円です。

経験上は、水没で交換することが一番多いような気がします。

もし液体をこぼしてしまったら、特にジュースや酒類の場合はすぐにご相談ください。

 

当店はLINEでのお問い合わせ等にも対応しております。
滅多に配信しませんので、ウザいこともないです(笑)
よろしかったら、万が一に備えて登録をお願いします。
友だち追加